2010年08月02日

二番底?

リーマンショック以来、よく言われるのが二番底はいつかという話。
ドル円だと85円前後になるたびに二番底だとか言われますね。

本当にそうでしょうか。
何がって?
二番底って概念が、です。

二番底ってのは読んで字のごとく、2番目の底ってことです
裏を返せば、そこから上がるから底という認識です

そもそも2番目の底なんてないんじゃないかと思うんです
2番目は底なし沼なんじゃないかと

大げさに言えば底だと思ったのにどこまでも(大げさですが)ずるずる下がるんじゃないかと

思えてきたんです


私が前回FXから撤退を余儀なくされた原因の一つです

思いこみ

今であれば「底」(ここから上がるはず)という思いこみ

そろそろ上がるだろう、ここばボトムだ、抵抗線だ、雲だ、シグナルだ、割安だっていう思いこみ


シナリオを立てるのは楽しいです
その通りになったときの満足感はすばらしい

ただ、この思いこみは私には刃でした。

上がっている、下がっているという事象を意思を持たずに捉えることが出来るようにならないと勝てないと思えました。

以下は前回FXから撤退して真っ先に読んだ本です。
その名もずばり、デイトレード。
評判も良かったため買ってみました。
自分が勉強不足で準備不足だったことを痛感させられました。
ちなみに手法が出ている訳ではありませんので注意。
考え方とかスタンスみたいなお話ですが、少なからずヒントになる部分があると思いますよ。
今後も読んだ本を紹介していこうとおもいます。

デイトレード―マーケットで勝ち続けるための発想術

posted by houkaine at 10:30| 長野 ☁| Comment(0) | トレード日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。